前へ
次へ

家庭教師の働き方の種類

家庭教師は短時間で割の良い時給になるので、大学生にはぴったりのアルバイトになります。
もちろんアルバイトではなく正社員として就職する方法もあります。
まず、アルバイトで家庭教師をする場合、大学生なら学生課で斡旋してもらうことが多いようです。
なぜかと言うと、どの大学に通っているかはこの仕事にとってかなり重要な要素だからです。
一流私大の大学生に勉強を教わりたいという生徒は当然多いので、求人も多くなるのです。
もし一流私大に通っている学生なら大学からの斡旋がいちばん楽でしょう。
あとは、面接や試験などを受けて一般の求人に応募する方法があります。
昔は街の掲示板などに自分でチラシを貼り、個人的に申し込みを受けることもありました。
今では個人情報的になかなか難しい方法でしょう。
家庭教師の運営企業の面接と試験を受けるのが一般的で安全ですし、マージンは取られるものの生徒とのマッチングも企業に任せられるのでトラブルも起こりにくいです。

Page Top